2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深谷市の観光【 ほたるの里公園 】

ほたるの里公園
■■■深谷市の観光■■■





深谷市と寄居町の境目あたり、

鐘撞堂山のふもとにある

6~7月は蛍がでるという

【 ほたるの里公園 】に行ってまいりました




ほたるの里公園 入口カンバン.jpg

まわりは真っ暗です・・・

人里はなれた場所にあります

ほたるの里公園 まむしカンバン.jpg

こんなカンバンが・・・

ちょっとおびえながらも

ホタルを探します




夜8時に到着して

ウロウロすること30分・・・



いません



ホタルはいませんでした



とても残念です











↓しょうがないからこれでも・・
ほたる情報(ヤフーキッズ)
スポンサーサイト

深谷市の観光【 畠山重忠公史跡公園 】

畠山重忠公史跡公園
■■■深谷市の観光■■■

深谷市の南側、

荒川を越えたあたりにあります

畠山重忠公史跡公園 入口.jpg
駐車場には、

仕事休憩中らしい車が数台止まっていました


畠山重忠公史跡公園 銅像.jpg
駐車場からすぐ目に付いたのは

畠山重忠さんの銅像

馬を背負って川を渡ろうとしているところだそうです

ふつうのひとには出来ない芸当ですね

畠山重忠公史跡公園 カルタ.jpg
駐車場の木陰には、

3本のたてカンバン・・カルタみたいです







公園にはいってみます






畠山重忠公史跡公園 慰霊碑.jpg
慰霊碑が堂々と建っています(写真右)




畠山重忠公史跡公園 建物.jpg
この建物のなかに、

畠山さんのお墓があるらしいです




畠山重忠公史跡公園 建物アップ.jpg
写真だとわかりずらいですが

建物の中に、

墓石が5個並べて立っています








■■■■■■■■■■■■■■■
さいたま 総合情報ポータル  畠山重忠公史跡公園

http://www.saiwebguide.com/north/asobi6.htm
■■■■■■■■■■■■■■■

深谷市の観光【 中宿古代倉庫郡跡 】

中宿古代倉庫郡跡
■■■深谷市の観光■■■





埼玉県深谷市の北西にあります

深谷駅から国道17号を
JR高崎線と並行に岡部駅方面へ車を走らせ
「道の駅おかべ」の道路向かいにあります

古代倉庫郡跡 道の駅.jpg「道の駅おかべ」
古代倉庫郡跡 遠くから.jpg見えました。公園の奥に茶色い建物

古代倉庫郡跡 2つ.jpg

奈良時代から平安時代のものらしいです

高床式の倉庫2つです(復元したもの)

うちの会社も建物は倉庫ですが、昔の倉庫はこういう建物だったんですね

古代倉庫郡跡 1号.jpg左側の1号棟
古代倉庫郡跡 2号.jpg右側の2号棟

カンバンに書いてある説明によると

「1号棟は校倉作り、2号棟は板倉造りといい、

有名な奈良の東大寺正倉院はこの2つの工法を用いて建てられています」

ということです
古代倉庫郡跡 池.jpg
古代倉庫郡跡 原始蓮2.jpg

公園の池は、古代蓮でいっぱいでした(^∇^)

建物は人間が作ったものだけど

花は自然が作ったもの

キレイです 自然








しかし、人間は面白いものを作ります

古代倉庫郡跡 人面石.jpg
人面石 『 ムフっ( ̄∀ ̄) 』

古代倉庫郡跡 人面石3つ.jpg

人面石3兄弟 『 ( ̄¬ ̄*) ( ̄へ  ̄ 凸 ( ̄∀ ̄) 』





■■■■■■■■■■■■■■■
道の駅おかべ

埼玉県深谷市岡688番地1
■■■■■■■■■■■■■■■

深谷市の観光【 プレート・ガーター橋 】

プレート・ガーター橋
■■■深谷市の観光■■■





プレート・ガーター橋は
深谷ママ人気ナンバーワンの公園、
ブリッジパークの敷地内にあります
_ブリッジパーク 遊具.jpg
_ブリッジパーク ベンチ.jpg



_ブリッジパーク 橋全体.jpg
_ブリッジパーク 橋ななめ.jpg

ブリッジパークの名前の由来にもなっている 橋

それが プレート・ガーター橋 です

深谷レンガが大活躍してた時代に

レンガ工場と深谷駅を結んだものです

ノスタルジックです

フェンスで囲まれていて、さわったりはできないです

_ブリッジパーク 名の由来.jpg
_ブリッジパーク 橋うえから.jpg





■■■■■■■■■■■■■■■
ブリッジパーク

深谷市大字原郷575
■■■■■■■■■■■■■■■

深谷市の観光【 旧渋沢邸 中の家(なかんち) 】

旧渋沢邸 中の家(なかんち)
■■■深谷市の観光■■■





日本近代資本主義の父、渋沢栄一さんが生まれた家です

●渋沢栄一生家 正門.jpg
●渋沢栄一生家 主屋 正面.jpgおっきな虫が飛んでいて驚きました

このお屋敷は、渋沢家の住宅等として使われてきたもので、通称「中の家(なかんち)」と呼ばれてます

渋沢一族はこの地の開拓者のひとつとされますが、分家として数々の家を起こしました。「中の家」もそのひとつで、この呼び名は、各渋沢家の家の位置関係に由来するものです。代々当主は、市郎右衛門を名乗っていましたが、古くは、新七朗(安那)の名まで知られています

中の家は、代々農業を営んでいたが「名字帯刀」を許されて、市郎右衛門(元助)さんのときには、養蚕や藍玉づくりとその販売のほか、雑貨屋・質屋業も兼ねてたいへん裕福でした。 この家に、後に日本近代資本主義の父と呼ばれる栄一さんが生まれました

●渋沢栄一生家 主屋 庭.jpg庭には栄一さんの銅像が(写真左)
●渋沢栄一生家 栄一像.jpg銅像のアップ 若かりしころの栄一さん りりしいです

現在残る主屋は、明治28年(1895)、市郎さんにより上棟されたものです。 梁間5間、桁行9間の切妻造の2階立て、西側に3間×3間の平屋部分などを持ちます。 また、主屋を囲むように副屋、土蔵、正門、東門が建ち、当時の北武蔵における養蚕農家屋敷の形をよくとどめています

栄一さんは、多忙の合間も時間をつくり年に数回はこの家に帰郷しました。 東京飛鳥山の栄一さんの私邸は、空襲によって焼失したため、この家は現在残る栄一さんが親しく立ち寄った数少ない場所といえます

●渋沢栄一生家 主屋 部屋の中1.jpg
●渋沢栄一生家 主屋 部屋の中2.jpg

また、中の家は、元治さん、治太郎さんたちの人材を輩出しました
昭和58年からは「学校法人青淵塾渋沢国際学園」の学校施設として使用され、多くの外国人留学生が学びました。 平成12年、同法人の解散に伴い深谷市に帰属し、現在に至っています

●渋沢栄一生家 主屋 ベランダ.jpg
●渋沢栄一生家 主屋 写真4.jpg

昭和26年、埼玉県指定史跡に指定。 昭和58年、渋沢国際学園の設立に合わせ、埼玉県指定旧跡「渋沢栄一生地」に指定替えされました






最後に、カンバンに書いてあった渋沢栄一さんのプロフィールをご紹介します
●渋沢栄一生家 プロフ.jpg

天保11年(1840)豪農、渋沢市郎右衛門の子として誕生。
昭和6年(1931)92歳の大生涯を閉じるまで、実に500にものぼる企業設立に携わり、600ともいわれる公共・社会事業に関係。
日本実業界の祖。 稀代の天才実業家と呼ばれる所以である。

男の転換期。慶応3年(1867)15代将軍・徳川慶喜の弟、昭武に随行してヨーロッパに渡る。
28歳の冬であった。
栄一にとって、西欧文明社会で見聞きしたものすべてが驚異であり、かたくななまでに抱いていた攘夷思想を粉みじんに打ち砕かれるほどのカルチャー・ショックを体験。
しかし、彼はショックを飛躍のパワーに換えた。
持ち前の好奇心とバイタリティで、新生日本に必要な知識や技術を貪欲なまでに吸収。
とりわけ、圧倒的な工業力と経済力は欠くべからざるものと確信した。
他の随員たちの戸惑いをよそに、いち早く羽織・袴を脱ぎ、マゲを断った。
己が信ずる道を見つけるや、過去の過ちと訣別、機を見るに敏、時代を先取りするのが、この男の身上であった。

2年間の遊学を終え、明治元年(1868)帰国。
自身の改革を遂げた男は、今度は社会の改革に向かって、一途に歩み始めた。
帰国の同年、日本最初の株式会社である商法会所を設立。
明治6年(1873)には、第一国立銀行を創立し、総監役に就任した。
個の力、個の金を結集し、システムとして、さらなる機能を発揮させる合本組織。
栄一の夢は、我が国初のこの近代銀行により、大きく開花した。
以後、手形交換所・東京商法会議所などを組織したのをはじめ、各種の事業会社を起こし偉大なる実績を重ねていった。

栄一はまた、成功は社会のおかげ、成功者は必ず社会に還元すべきという信念の持ち主でもあった。
私利私欲を超え、教育・社会・文化事業に賭けた情熱は、生涯変わることなく、その柔和な目で恵まれない者たちを見守り続けた。

失うことのなかった、こころの若さ、そこから生まれた力のすべてを尽くして、日本実業界を築いた渋沢栄一。
並はずれた才覚と行動力は、今なお、人々を魅了する。  』




■■■■■■■■■■■■■■■
旧渋沢邸 中の家(なかんち)

埼玉県深谷市大字血洗島字淵ノ上247-1
■■■■■■■■■■■■■■■

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

                株式会社共栄物流サービス     埼玉センター

Author:                株式会社共栄物流サービス     埼玉センター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

包みかたで分けてラッピング (59)
包む物にあわせてラッピング (50)
テーマにあわせてラッピング (257)
商品をイメージしてラッピング (19)
自由にラッピング (363)
ラッピング方法写真つき解説 (10)
ラッピングコーディネーター (1)
梱包イメージ (4)
梱包 (0)
仕事場の風景 (4)
深谷市の観光 (8)
深谷市のイベント (2)
深谷市で食べ歩き (2)
深谷市のお菓子 (4)
深谷市の自然 (1)
熊谷市のイベント (1)
熊谷市のお菓子 (1)
アクセス (1)
未分類 (6)
サービス紹介 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。